保険診療と自費診療の違い|埼玉県八潮駅から1番近い歯医者 BiVi歯科

日本臨床歯周病学会 認定医

インビザラインドクター認定医

日本顎咬合学会 認定医

国際インプラント学会 認定医

抜歯・矯正無料お相談

埼玉県八潮市大字大瀬710-1 BiVi八潮3F 八潮駅南口30秒

お問い合わせ・ご相談

048-951-1482

歯科矯正

歯を抜かない治療

保険診療と自費診療の違い

正しく理解してほしい「保険診療」と「自費診療」の違い

「保険診療」と「自費診療」の違い

医療には、健康保険の適用となる保険診療と、保険の効かない自腹の自由診療の2種類があります。歯科も同じで、保険診療と自費診療に分かれておりまして、「保険だと治らないの?」「自費診療は高いから保険で済ませたい」などなど患者様から聞かれることがあります。結論から言いますと、

保険診療でだいたい治せます。

ただし、

その治療が最適かどうかは別です。

基本的には最適でない場合がほとんどと言えます。保険診療を悪くいっているのではありませんが、「保険診療は国の財源を使っているため、必要最低限の治療を行うための制度」なのです。

「最適でなくても安くつくなら良い」が実は損していることも!?

歯科における保険治療と自由診療

世の中、最高のものでなくても良いことはたくさんありますよね。例えば

などなど挙げればキリがないです。最適・最高でなくても、人によっては良いとシチュエーションはたくさんあって、日本は本当に素晴らしい国であるとつくづく思います。

ただし、医療は別です。

保険診療は必要最低限の治療の選択肢、素材、時間で行われるために

このようなことが必ずついてきます。誤解のないようにこれらを具体的にご説明します。

こんな時、保険診療を選ぶと、総合的に損をする場合があります

①被せ物、詰め物編 ~銀歯で良くない理由がある?~

被せ物、詰め物の保険治療と自費治療の違い

詰め物・かぶせ物を保険診療で行う場合には、銀歯やプラスチック製のものになります。それに比べて自費診療では、素材の選択としてセラミック(陶材)や金素材が増えます。

実は、自費の素材に比べてプラスチックや銀(パラジウム)素材は歯垢や汚れがつきやすいと言われています。また、金属アレルギーの原因になったり、金属が溶け出して歯ぐきが黒ずんだり、そもそも治療にかける手間や時間、被せ物製作を担当する歯科技工士の腕も何倍も違いますから治療精度には雲泥の差がでたりします。

よって、せっかく治療が完了しても歯垢や虫歯菌がつきやすいわけですし、精度が決して高いとはいえない治療ですから、別の部分から虫歯や歯周病菌感染が起こり、再発(二次カリエス)しやすくなるなど身体に悪いことが多々起こるのです。

ドイツなどの医療先進国では、銀歯の原料である金銀 パラジウム合金が体に与える悪影響を考慮して、パラジウムフリー(パラジウムを含まない)の金属を使うことを強く推奨しており、各種パンフレットでも、「この金属はパラジウムを含みません」ということをわざわざ謳っているほど、パラジウムは身体に良くないと広く認識されています。

②歯の神経治療、根管治療編 ~保険の再発率80%以上ってホント?~

重度虫歯治療の保険治療と自費治療の違い

歯の神経部分にまで虫歯が広がって神経を抜かなければならい場合、神経を抜いたあと、神経の通っている穴である根管をお掃除してお薬を詰めて封鎖する治療があります。これを根管治療と呼びますが、この根管治療も保険と自費の2通りの治療法の選択肢があります。

自費診療の根管治療ではラバーダムやマイクロスコープ、MTAなどの様々なものを使用し時間をかけてじっくりと精密な根管治療を行います。かたや保険診療はそれらを使わず、採算をとるためには15分程度しか治療時間をかけられません(じっくり時間をかけると医院が倒産してしまいます)。

根管治療と被せ物の治療の精度の関係

では次に成功率を比べてみましょう。自費の精密な被せ物の治療を行った場合の成功率は91%とまずまず高いですが、保険適応内の被せ物の場合、精度が低いために歯と被せ物の間から細菌感染が起こり再発するケースが多く、 根管治療の精度が悪く被せ物も保険の治療であれば、80%以上の確率で根管治療は再発するというデータが論文として発表されています。

再発すると抜歯リスクが高まり、入れ歯かインプラントかブリッジに

抜歯後の選択肢入れ歯かインプラントかブリッジ

歯周病、詰め物・被せ物治療、根管治療などなど、保険診療では健康リスクや見た目の悪さがあるのはご理解いただけたと思いますが、1番考えてもらいたいのは、「再発したあとのこと」です。

初期治療の段階で歯を削っているわけですから、再発すると、また削る、ドンドン歯質はなくなっていきますし、歯周病は再発に気づいた時には歯がグラグラなんてことも多々あります。つまり、「再発させるとインプラント、入れ歯、ブリッジにまっしぐら」ということになります。皆さんご存知の通り、これら3つの治療はどれも治療費が高いものばかりです。

定期検診をされる方と、痛い時だけ歯医者さんの生涯医療費の差

定期的に通院

痛いときだけ通院

(出典:日吉歯科診療所調べ)

上図は、定期的に歯医者さんに通っていただいた方と、痛い時だけ歯医者さんに通われた方の生涯医療費を試算して比較したものになります。ご覧のように、必要に応じ痛い時だけ歯医者さんを利用している場合は、数百万円レベルでの負担増になることがわかります。また、これは治療費だけの差ではなく、歯がなくなるタイミングの違いにも影響しますので、痛い時だけ歯医者さんの方は、何一つメリットがないことがわかります。

「若い時にしておけば良かったこと」の第1位:歯の後悔

歯の後悔

(出典:雑誌PRESIDENT(㈱プレジデント社調べ)

55歳から74歳までの方を対象に「若い時にしておけば良かったこと」というアンケートが実施されました。この結果をまとめたものが上図になります。ご覧のように、歯の欠損が見られるような年齢になってくると、「歯の定期検診を受ければよかった」と後悔される方が多くなります。こちらをご自分の将来へのメッセージとして受け止め、まだ十二分に噛み込める歯がある内に定期検診を意識し始めてはいかがでしょうか。

保険診療を選ぶと損をする、歯科へ通わないと損する、こともある

このように、

初期治療の段階で、保険診療を選ぶと損をする。

歯科へ定期的に通わないと損する。

ということもある。

ということをご理解いただければと思います。

BiVi歯科では、自費診療を中心とした最善の治療法を提案します

BiVi歯科クリニック

当院では、保険診療をベースに、患者様にもっとも良いと思われる治療を、自費、保険関係なくご提案させていただいております。そのため、

・痛い所だけ治してほしい

・全て保険で治してほしい

・自費診療はいやだ

という方は不向きかもしれません。

逆に、

・将来の為に今からしっかり治療を受けておきたい

・予防で歯を長持ちさせたい

・自費診療の中でもレベルの高い治療を受けたい

という方には最適な歯科医院かと思います。

何度も申し上げますが、保険診療が悪いと言っているのではありません。シチュエーションによっては保険診療が最善の時もあるでしょう。ただ、私達としましては、

「患者様の将来を考え、常に、長持ちして見た目に美しく、健康に配慮した最善のものを、妥協なく最高な形で患者様に提供したい」

という想いがあるのです。

症例ブログその変わり、最先端の治療を皆さまに提供するべく、私たちスタッフ一同としましても、様々なスタディグループにて日々必死に研鑽を積んでおります。また、その実績をブログを通じて皆さまにご公表しております。ぜひご覧ください。

このような当院の診療方針について、何卒ご了承いただきまようお願い申し上げます。

トップへ戻る