歯を削らない治療|埼玉県八潮駅から1番近い歯医者 BiVi歯科

日本臨床歯周病学会 認定医

インビザラインドクター認定医

日本顎咬合学会 認定医

国際インプラント学会 認定医

抜歯・矯正無料お相談

埼玉県八潮市大字大瀬710-1 BiVi八潮3F 八潮駅南口30秒

お問い合わせ・ご相談

048-951-1482

歯科矯正

歯を抜かない治療

歯を削らない治療

「できる限り削らない」BiVi歯科クリニックの低侵襲治療

低侵襲治療

BiVi歯科クリニックでは、「できる限り削らない」天然歯を残す治療にこだわっています。一度削ると二度と元通りにはなりませんので、なるべく少ない処置で治療を終わらせ、体への影響を最小限に抑える「低侵襲治療(ミニマルインターベンション)」を追求しています。削らないための当院の4つのこだわりをご紹介いたします。

治療前

う蝕治療前

治療後

う蝕治療後

削る範囲を抑える4つの方法

削る範囲を抑える

虫歯菌に浸食された箇所については、その浸食部分を削り取らないと益々浸食が進んでしまいます。このため、虫歯治療は歯を削らざるを得ないものですが、それでもできる限り薄く削る、浸食部分のみを取り除く、このような方法が技術の進歩で可能になってきています。当院が取り入れているものが次の4つです。

① マイクロスコープの導入

マイクロスコープ

歯科医院全体でも導入率5%程度だと言われている歯科用マイクロスコープは、肉眼の40倍程度にまで患部を拡大することが可能で、虫歯治療でも削りすぎを回避するのに非常に有効です。

② エキスカでも精密治療

精密治療

歯を削るタービンのみでは、健康な歯質まで削りすぎてしまう傾向があります。当院では、途中までタービンを使用し、その後に「エキスカ」と呼ばれる耳かきのような形状の器具で、天然歯を傷つけないように虫歯組織だけを除去します。これにより、削りすぎを回避できます。

③ MTAセメント

MTA

虫歯の初期状態においては、歯を削らずに虫歯部分に「MTA」と呼ばれる歯科用セメント剤を用いる方法があります。MTAを虫歯箇所に詰めてフタをすることで、MTAの殺菌作用により虫歯菌を不活性化できます。虫歯初期の場合ではこの方法で治療できるケースが多いです。

④ ウ蝕検知液の活用

ウ蝕検知液

ウ蝕検知液とは、虫歯を検知するために用いられる特殊な液体のことで、虫歯部分だけを赤く染めてくれるものです。このウ蝕検知液を虫歯箇所に塗り込むことで、健康な歯質と虫歯箇所を明確に分けて捉えられ、不用意に健康な歯を削ってしまうことを回避できます。

埼玉県八潮市で「できる限り削らない」虫歯治療をお考えの方へ

できる限り削らない

ご覧いただきましたように、当院では虫歯治療において、歯を安易に削って治すという方針は取らず、必要最低限の削りを実施しながら虫歯を治療するという方法を取っています。虫歯になってしまったけど、できるだけ天然歯を守りたいとお考えの方、ぜひ当院までご相談ください。

トップへ戻る