矯正歯科・マウスピース矯正|埼玉県八潮駅から1番近い歯医者 BiVi歯科

日本歯周病学会 専門医

インビザラインドクター認定医

日本顎咬合学会 認定医

国際インプラント学会 認定医

抜歯・矯正無料お相談

埼玉県八潮市大字大瀬710-1 BiVi八潮3F 八潮駅南口30秒

お問い合わせ・ご相談

048-951-1482

※お電話による受付は午前は12:45、午後は17:45までとなっております(以降留守番電話になります)

歯周病治療専門医

歯を抜かない歯科治療

矯正歯科・マウスピース矯正

このページの目次

《目立たない・短期間》あなたはどっちの矯正治療がいいですか?

矯正歯科・マウスピース矯正

矯正治療無料相談・セカンドオピニオン実施中

歯並びが気になる・・・という方はぜひ、BiVi歯科矯正歯科の無料矯正治療相談にお越し下さい。皆様のお口を拝見し、現在の歯並びのお写真とセファロレントゲンを無料撮影したうえで治療費、治療期間などのご質問に矯正担当医がお応えします。

①現在の歯並びのお写真(無料)

現在の歯並びのお写真

治療を始める始めないに関わらず、現在のお口のお写真を撮影し、できるかぎり詳細にカウンセリングさせていただきます。

②セファロレントゲン(無料)

セファロレントゲン

一般的なパノラマレントゲンではなく、矯正治療専用のセファロレントゲン(頭部X線規格写真)を撮影し単純な歯並びだけでなく、顎関節まで診ます。

光加速装置オーソパルスの使用により矯正治療期間の短縮!

オルソパルス矯正治療の悩みである長い治療期間も、オーソパルスという装置を併用していただくことで、治療期間の短縮が可能です。

オーソパルスとは遠赤外線を発生させ、細胞の活性化が行える機器です。1日10分間程、お口に咥えていただき、細胞の活性化によって骨の再生を促すことで、歯をスムーズに移動させることができます。個人差もございますが、約60%も治療期間の短縮が見込めます。

※安全性においても、米国食品医薬品局(FDA)より認証を受けておりますのでご安心ください。

矯正に精通した医師による矯正治療を実施

矯正歯科・マウスピース矯正

矯正歯科は、一般の歯科診療科目とは異なり、歯並びや歯の噛み合わせを中心とした診療科目です。当院の矯正歯科では、日本顎咬合学会かみ合わせ認定医、インビザライン矯正の認定医が患者さまを担当し、お子さまから一般成人の方まで、矯正治療に関するご相談を無料でお受けしております。セカンドオピニオンとしても結構です。どうぞお気軽にご相談ください。

院長武川が行った矯正症例が、デンタルダイアモンド(日本で最も部数が多い歯科臨床月間誌)2017年1月号に論文投稿されました。論文題名:「顔貌に適応したTooth positionの設定法」

国際歯科大会の矯正治療に関する講演の部の日本代表に選ばれました

国際歯科大会の矯正治療に関する講演の部の日本代表歯科の世界では「歯科界のオリンピック」と呼ばれる「国際歯科大会」というものが横浜で約4年に1度開催されます。

クインテッセンス出版という国際的に一番メジャーな歯科雑誌(全世界で発行)が演者をジャッジします。その国際歯科大会の日本代表演者(矯正治療についての講演の部)に選ばれました!

歯科雑誌で「矯正前の検査と抜歯の判断」という歯科医の質問に答えました

矯正前の検査と抜歯の判断デンタルダイヤモンド2017年7月号(日本で最も部数が多い歯科臨床月間誌で、歯科医師が読む雑誌)に歯科医師の質問に、ベテラン歯科医師が答えるというコーナーがあります。

そのコーナーにて、「矯正前の検査と抜歯の判断 Q.歯科矯正を始める前に必ず行うべき検査項目について教えてください。また、抜歯の判断基準も教えてください」という質問に対して、当院院長の武川がアンサードクターとして選ばれ、回答しました。

その原稿は画像クリックまたは、こちらからお読みいただけます

当院のドクターは
500以上もの矯正治療実績を持ちます!

当院の矯正治療担当医は、日本顎咬合学会の認定医資格を有しています。これまで通算500症例以上もの豊富な矯正治療実績を有しており、見た目の歯並びだけでなく、噛む機能についても妥協のない徹底した調整を行なっています。

子どもの歯科矯正については
小児歯科・小児矯正ページをご覧ください>>

インビザライン認定ドクターによるマウスピース矯正も実施

当院では、芸能人や著名人など多くの方が利用されている「マウスピース矯正」にも対応し、インビザライン矯正の認定医資格を有するドクターがその施術を担当させていただきます。

インビザラインは、全世界で400万人以上もの臨床実績を持つ最も優れたマウスピース矯正と言われているものです。

当院で行なった矯正治療例

矯正治療前

歯列矯正治療前

矯正治療後

歯列矯正治療後

BiVi歯科クリニックで実際に行った矯正治療例を写真つき解説でご説明致します。かかった矯正治療費や治療期間、矯正治療に関するリスクなども掲載しております。ぜひご覧ください。

月々5,000円からの分割払いにも対応

マウスピース矯正分割払い当医院で矯正治療を行った場合は、治療費のお支払いにて、1年以内のお支払いで最大12回払いまでの分割が可能です。

また、クレジットカードなどの分割払いにも対応しており、最大回数での分割払いの場合は月々5000円程度にまでお支払い負担を少なくすることも可能です。

マウスピース型矯正装置を用いた快適な歯並び改善

次世代型マウスピース矯正

マウスピース型矯正装置「インビザライン」を用いた矯正治療では、金属製のブラケットやワイヤーを使用せずに歯並びの改善が行えます。またマウスピース型矯正装置は、透明な素材ですので周囲に気付かれることもほとんどなく、取り外しも出来ますので歯磨きや食事の際に煩わしさを感じることもありません。以下では、そんなインビザライン矯正のおすすめポイントをご紹介致します。

透明な素材で目立たない

目に見えない

マウスピースは透明な樹脂製のため、審美性が高く、装置を装着している時でも周囲に気付かれることがほとんどありません。

自分で脱着ができます

着脱可能

一般的な矯正装置との大きな違いは、患者さまご自身で装置の脱着ができることです。そのため、歯磨きや食事も快適に行うことができます。

違和感等が軽減できる

違和感

マウスピースは柔らかい素材で薄いため、金属のブラケットやワイヤーを使用した矯正比べて、違和感や不快感を感じにくい治療法です。

3D画像で歯の動きを確認可能

矯正治療前に3D画像を使用して、ご自身の歯の動き、最終的な歯列を確認できます。最終的なゴールが見えることで、治療意識を高めていただけます。

金属アレルギーでも使用可能

金属アレルギー

マウスピース型矯正装置は、金属を一切使用しておりませんので、金属アレルギーの方も安心して治療を行えます。

少ない通院で治療可能

少ない通院

インビザライン矯正では、1~2週間を目安にご自分で装置の交換をします。そのため、1.5ヶ月~3ヶ月に一回の通院で大丈夫です。

世界中で実績がある

世界で認められた

これまで約450万人以上の方がインビザライン矯正を行っており、世界的にも信頼が高く、実績の多い治療法です。

発音の妨げになりづらい

しゃべりやすい

マウスピース型矯正装置インビザラインの薄さは0.5㎜と非常に薄いため、装着時に発音を妨げることがほとんどありません。

幅広い症例に対応

症例が多い

外科処置が必要な症例などを除き、幅広い歯列の改善が可能となっております。

目立たないその他の矯正器具(舌側矯正、クリア矯正)

マウスピース型の矯正装置の他にも、2つの目立たない矯正装置をご用意しております。

裏側矯正
(舌側矯正)

裏側矯正

こちらのものは、歯の裏側(舌側)に矯正器具を取り付けるものです。矯正装置自体は通常のものと大差はありませんが、外からはほとんど矯正装置が見えないため、見た目が気になる方に適しています。

クリア矯正
(白い矯正装置)

クリア矯正

こちらのものは、裏側矯正とは視点が異なり、見えにくい色(白色)のワイヤーやブラケットを使用するものです。一般のものと同じく歯の表側に付けるものの、目立ちにくくさせることができます。

矯正期間が短く痛みも感じにくい「デーモンシステム」もあります

デーモンシステム

デーモンシステムの特徴は、弱い強制力で持続的に、かつ効率的に歯を動かすというものです。生物学的にも理にかなった矯正システムで、従来のもの(マルチブラケット装置)と比較しても、速くて痛みを抑えた矯正治療と言えます。治療回数も少なくなりますので、患者さま負担を抑えることができます。デーモンシステム矯正には下記4つのメリットがございます。

① 治療期間が最大30%短縮

デーモンシステムでは、従来の矯正よりも歯を速く動かすことが可能となり、個人差はあるものの、概ね1割~3割程度、治療期間を短縮できます。

② 治療中の痛み軽減

デーモンシステムでは、従来の装置と比較して弱い力で歯を動かすことが可能です。このため、矯正による痛みが軽くなり、人によってはほとんど痛みを感じずに矯正治療を実現できます。

③ 治療回数の減少

デーモンシステムの矯正治療では、一般的な矯正治療と比較して治療が速く進みます。これによりトータルの治療回数は少なくなるものの、通院間隔は長めに設定できるため、通院自体の負担も抑えられます。

④ バランス

全体的な歯のバランスが整い、キレイで美しい歯並びに仕上がります。

可能な限り歯を抜かない矯正治療に努めています

抜歯をしない

矯正治療を行う際、症例によっては抜歯が必要になることもございます。ですが、健康な歯を抜くことは、いくら治療のためとは言え望ましくありません。そのため、当院では症例によって、以下3つの処置の中から適切な方法を選定し、できるだけ歯を抜かずに矯正治療を行えるよう努めております。

マウスピース型矯正装置と拡大床装置の併用による非抜歯矯正

拡大床当院では、できるだけ歯を抜かずに矯正に必要なスペースを獲得するため、拡大床装置とマウスピース矯正装置を併用した方法をご提案しています。

歯を綺麗に並べるために、土台となる顎骨を拡大床装置で広げた後、マウスピース矯正装置を使用して歯列を整えます。2つの装置の特性を活かすことで、できるだけ歯を抜かずに矯正治療が行えます。

奥歯をさらに奥へ動かすことでスペースを得る

歯の遠心移動奥歯から順に中心から遠ざけていく「遠心移動」によって、歯を抜かずにスペースを得れる場合もございます。

顎の骨に埋めた小さなインプラントを支柱に、歯を奥側へと引っ張る方法や、マウスピース型矯正装置を用いた移動法がございます。

※インプラントを用いた方法は外科処置が必要となるため、当院ではできるだけマウスピースでの治療法をご提案しております。

歯の側面を削るIPR法による非抜歯矯正

スペース作成歯の両側面を0.2~0.5㎜ずつ削り、歯幅を縮小させてスペースを確保するのがIPRと呼ばれる方法です。

歯を削るのには抵抗がある方も多いと思いますが、削る量も歯の健康に支障がない程度のわずかな範囲ですので、虫歯や歯周病になりやすくなったり、寿命を縮めるなどの心配もありませんので、どうぞご安心ください。

矯正の治療期間と開始時期

矯正治療の治療期間

一般的にどのような歯列矯正においても治療期間が3年を超えることは珍しいです。外科処置を伴う矯正治療でも3年程度で終わることが多いです。部分的な矯正などの場合は最短3ヶ月~6ヶ月程度で終わる場合もあります。矯正治療には様々な要素が関わってきますので、一概に「出っ歯なら2年」などと決まって言えません。治療期間が気になる場合は最寄りも矯正歯科医にご相談ください。

また、治療の開始時期としましては、6歳臼歯が生え揃う前後が矯正治療に最も適している開始時期と言われていますが、60代や70代で矯正治療を始める方もいらっしゃいますし、治療の進行具合は大人になってしまえば20代も60台も変わりはありません。ですから、大人の場合は「自分の歯並びが気になった時が始め時」ということになるでしょう。

矯正治療で治療が可能な不正歯列

矯正治療で取り扱うものは、専門的には歯列不正と言われるもので、歯並びに何かしらの問題が認められるお口環境になります。タイプ別に次のようなものに分けられます。

出っ歯

出っ歯

遺伝的にも日本人に比較的多く見られる歯列不正です。上の前歯が前方に出ている状態で、顔の印象にも大きな影響を与えます。

開口

開口

奥歯同士が噛み合っている時に、前歯が噛み合わず双方に届いていないため、常にお口が開いたような状態となってしまうものです。

受け口

受け口

上の歯よりも下の歯が前方に突き出しているもので、横から見ても顎が出ているような状態のものです。上の歯が削れてしまう可能性が高くなります。

叢生(そうせい)

叢生

歯が生える方向に様々な乱れがあるもので、「らんぐい」とも呼ばれます。噛み合わせが悪く、虫歯になりやすい特徴があります。

空隙歯列(くうげき)

空隙歯列

一般的に「すきっ歯」と言われる状態で、歯と歯の間に隙間が見られるものです。発音への悪影響も懸念されます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合

上の歯と下の歯が過度に噛み合っているような状態で、開口と逆の状態の歯列不正です。歯をすり減らしてしまう可能性が高くなります。

矯正治療と後戻りとリテーナー

矯正の後戻り

矯正治療が完了し、歯並びキレイに整ったあとはリテーナーというマウスピース型の装置を就寝時のみ利用いただきます。リテーナーは矯正した歯列が後戻りを起こさないように保定する役目を果たします。保定期間は1~2年が一般的ですが、できることなら一生つけていただくことをおすすめします。

最初の1~2年は毎日、3年以降は3日に1回などと少しずつリテーナーをつける回数を減らしていくと楽ですが、ずっとつけないということはおすすめしません。矯正した歯列はリテーナーなしでは、そのほとんどが後戻りします。よって、リテーナーとは就寝時のみ、一生の付き合いになると思っていたほうが良いです。

矯正治療の注意点やリスクについて

矯正治療の費用

※下記すべて税別となります。また治療期間、回数はあくまで目安で症状により変動します。

(目安治療期間:3~36ヶ月 治療回数:3~36回)

名称 イメージ 特性 料金(税別)
精密検査/診断費 精密検査/診断費 レントゲンや模型などの資料を取り、診断をして、診断結果を患者さまにお話しするまでにかかる費用です。 30,000円/成人
5,000円/小児
小児矯正 小児矯正 乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。かみ合わせやあごの形、大きさを整え、永久歯がきちんと生えそろうように誘導する治療です。 252,000~352,000円
成人矯正 成人矯正 歯にブラケットを貼り付けて歯を動かす方法です。一般的な大人の成人の矯正治療です。 550,000~750,000円
目立たない装置 目立たない装置 金属ではなく、単結晶サファイア素材でできた透明の装置ですので目立ちません。 上記料金にプラス
50,000~100,000円
マウスピース矯正(インビザライン) マウスピース矯正(インビザライン) 目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しいアプローチの歯科矯正インビザライン・システムは、現在、世界45カ国以上の国々で提供され、これまでに250万人を超える患者様が治療を受けられています。 600,000~900,000円
舌側矯正 舌側矯正 装置部分とワイヤーをCAD/CAM先端技術を用いてカスタムメイドします。外からはまったく見えず、矯正治療をしていることが他の人には分かりません。 1,000,000~1,250,000円
部分矯正 部分矯正 補綴(被せ物)を入れる前に1歯から数歯の部分的な矯正を行います。 50,000円~
矯正期間中の調整費 矯正期間中の調整費 矯正装置の調整に毎月ご来院いただきます。 小児3,000円/月
成人5,000円/月
保定期間中の調整費 保定期間中の調整費 矯正装置をとったあとに歯の戻りを抑えるための透明な保定装置をつけますが、その調整に毎月ご来院いただきます。 無料

※小児矯正から成人矯正へ移行した場合、成人矯正代から小児矯正代を差し引いた金額となります。
※抜歯が必要な場合、抜歯料金は別途頂戴いたします。

八潮市で実績豊富な矯正専門の矯正歯科医をお探しの方へ

矯正専門のベテランドクター

埼玉県八潮市で歯並びのお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽に当院へお越しください。治療実績が豊富な矯正治療のベテランドクターが、矯正の種類や方法、期間や費用などについて親身にご相談に乗ります。無料相談も実施しておりますので、以前から気になっていたけど、なかなかきっかけがなかった方など、ぜひBiVi歯科クリニックをご活用ください。

トップへ戻る