神経を保存出来た症例|埼玉県八潮駅から1番近い歯医者 BiVi歯科

日本臨床歯周病学会 認定医

インビザラインドクター認定医

日本顎咬合学会 認定医

国際インプラント学会 認定医

抜歯・矯正無料お相談

埼玉県八潮市大字大瀬710-1 BiVi八潮3F 八潮駅南口30秒

お問い合わせ・ご相談

048-951-1482

※お電話による受付は午前は12:45、午後は17:45までとなっております(以降留守番電話になります)

歯科矯正

歯を抜かない治療

神経を保存出来た症例

投稿日:2019年4月1日

カテゴリ:未分類

この症例は今年の初めにいらした方。

痛み(自発痛がででいました)がありみてもらいたいと。あらま大きな虫歯。歯科ドックで神経まで達していると確認。

本人に神経をとらないメリットを説明しました。

歯のなかには、『歯髄』という組織があります。神経や血管、細胞が詰まった部分ですが、『神経を抜く』とは、この部分を器具で掻き出し、取り除いてしまうということ。

歯髄は、ミネラルなどを運ぶことで歯の健康状態を守っています。歯髄の細胞が残っていると、虫歯ができても歯の組織を変化させたり、修復したりする働きをするのです。

いわば自然治癒力がある。神経(=歯髄)を取り除いてしまうと、当然そうした働きは完全に失われ、歯は死んだ状態になってしまいます。そのため、虫歯は進行する一方になります。

また、歯髄があることによって、歯に水分が供給され、歯は、弾力性があり、割れにくく、欠けにくい状態に保たれている。神経を抜くと、それも失われてしまう。

「神経を抜いてしまえば、歯に栄養が行きわたらなくなるわけですから、もはや抜歯へのカウントダウンは始まっていると言えます

そこで私はMTAを使い

ここに

MTA

2ヶ月して問題なく自発痛も消えた!!

精密治療で神経を抜かずに済みました。

通院回数も3回です。

埼玉、八潮、草加、三郷で虫歯治療ならBiVi歯科クリニック。

 

 

トップへ戻る