10月21.22日はマイクロエンドセミナーを受講してきました。|埼玉県八潮駅から1番近い歯医者 BiVi歯科

日本臨床歯周病学会 認定医

インビザラインドクター認定医

日本顎咬合学会 認定医

国際インプラント学会 認定医

抜歯・矯正無料お相談

埼玉県八潮市大字大瀬710-1 BiVi八潮3F 八潮駅南口30秒

お問い合わせ・ご相談

048-951-1482

歯科矯正

歯を抜かない治療

10月21.22日はマイクロエンドセミナーを受講してきました。

投稿日:2017年10月22日

カテゴリ:院長ブログ

こんばんは。院長の武川です。昨日、今日と2日間、日本で一番マイクロエンド(精密根管治療)が上手といわれる岡口先生のセミナーを受講してきました。岡口先生は先日のブラジルのエンド学会でもスタンディングオベーションがおきるほどの臨床家です。

2日間に渡りマイクロ漬けでかなりレベルアップしました。先生に沢山質問をさせて頂き充実したお休みになりました。明日のマイクロエンドから早速患者様に還元致します。

根管治療というのは

なかなか治らない。

痛みが消えない

再発が多い

治療です。

それにはシンプルな理由があります。

それは見えない歯の中の根っこの感染を取る行為だからです。手探りになります。

その為マイクロスコープが欠かせません。しかし使い方はとても難しく日本の歯科医院に5%の導入率というのは使いこなせない機械だからともいわれています。私もその為に普段診療後に練習を毎日行い訓練をしています。実はは昔一度挫折しました。。。。そしてある時期にSJCDで岡口先生に出会い弟子入りを志願いたしました。先生のセミナーは今回で3回目です。

実は再来週も先生の2日間セミナーを受講します。また土曜日にお休みを頂き患者様に大変ご迷惑をおかけいたしますが必ず還元致しますのでご理解頂けると幸いです。

先生は精密な根管治療も上手ですが精密な被せ物も上手です。両方あって初めて根管への細菌侵入を防げると強くおっしゃっていました。やはり当院で行っている精密な型取り、精密な被せ物は細菌のコントロールにおいて本当に大切なんだと改めて感じ、金属のような細菌の侵入を許す要素は歯をダメにすると再確認しました。当院は患者様のお困りを見放したりしません。しっかり検査を行い、基本に忠実に精密に治療する事でほぼすべてのお悩みを解決できると自負しております。歯でお困りの方はBiVi歯科クリニックまで。

明日の診療が楽しみでーす!!

トップへ戻る