小児矯正・小児歯科|埼玉県八潮駅から1番近い歯医者 BiVi歯科

日本臨床歯周病学会 認定医

インビザラインドクター認定医

日本顎咬合学会 認定医

国際インプラント学会 認定医

抜歯・矯正無料お相談

埼玉県八潮市大字大瀬710-1 BiVi八潮3F 八潮駅南口30秒

お問い合わせ・ご相談

048-951-1482

歯科矯正

歯を抜かない治療

小児矯正・小児歯科

このページの目次

最安・最短・精密!当院の小児歯科/小児矯正が選ばれる4つのワケ

小児矯正・小児歯科

お子さまの矯正治療で大切なことは、その時々の治療ではなく、より長期的な視点で治療に当たることです。当医院では、お子さまのお気持ちを大切にし、親御様の立場に立って、お子さまが将来的にも健康なお口環境を維持できるよう、様々な面に配慮した4つの取り組みを行なっております。

①埼玉地域最安値クラスの小児矯正

当院では、小児歯科学会で日々、小児歯科を学ぶ歯科医師と噛み合わせの認定医による質の高い小児矯正を行なっております。さらに、その小児矯正治療費は、上顎または下顎の前歯4本で8.1万円、上顎または下顎の片側矯正で13万円、全顎矯正で25.2万円と埼玉地域でもトップクラスに低価格にて小児矯正治療ご提供(相場より30%程度お安い治療費)しております。

②小学生・中学生・高校生なら歯の矯正はわずか1年

当院で使用している小児矯正装置は、治療の際の機械摩擦力が極力少ない装置を採用しております。そのため、歯が効率よく移動し、治療期間を短くすることが可能です。また、余計な力をかけないで済むので、痛みも低減されます。

③歯科雑誌で「矯正前の検査と抜歯の判断」というDr.の質問に答えました

矯正前の検査と抜歯の判断デンタルダイヤモンド2017年7月号(日本で最も部数が多い歯科臨床月間誌で、歯科医師が読む雑誌)に歯科医師の質問に、ベテラン歯科医師が答えるというコーナーがあります。

そのコーナーにて、「矯正前の検査と抜歯の判断 Q.歯科矯正を始める前に必ず行うべき検査項目について教えてください。また、抜歯の判断基準も教えてください」という質問に対して、当院院長の武川がアンサードクターとして選ばれ、回答しました。

その原稿は画像クリックまたは、こちらからお読みいただけます

小児矯正でも永久歯が生えそろった時期の矯正治療では抜歯を余儀なくされる場合がありますが、当院では乳歯はもちろん、永久歯もできる限り抜かないで小児矯正を行うよう心がけております。

また、院長武川が行った矯正症例が、デンタルダイアモンド(日本で最も部数が多い歯科臨床月間誌)2017年1月号に論文投稿されました。論文題名:「顔貌に適応したTooth positionの設定法」

④「KidsよぼうPark」(予防プログラム)

「KidsよぼうPark」(予防プログラム)

当院オリジナルの「KidsよぼうPark」(予防プログラム)は、お子さん自身が楽しみながら歯の健康維持に取り組むことができる画期的な治療システムです。

「KidsよぼうPark」(予防プログラム)の特長

虫歯を作らないための予防歯科

痛くない・怖くない虫歯治療

お子さんの成長に合わせた低価格の矯正

※入会費・年間費/無料
※対象年齢は0歳から12歳
※会員特典/フッ素塗布無料・お子様用歯磨き粉、歯ブラシ・矯正治療10%OFF

まず、お子さまが歯医者さんを好きになることが大切です

歯医者さんを好きになる

お子さまが、自分の感情をうまくコントロールできないのはごく自然なことです。それでも無理に歯の治療を実施すると、そこに拒絶反応が生まれ、繰り返されることで「歯医者さん=怖い」という心理が形成されてしまいます。当院では、このようなマイナスの影響を回避すべく、お子さまが歯医者さんを好きになってもらえるような配慮も含め、次のような4つの対応を心がけています。

① お子さまの緊張緩和

お子さまの緊張緩和

お子さまの立場で見た場合、知らない人にお口の中を治療されるのはとても恐怖を感じるものです。このため、当院では痛みがひどい場合を除いて、すぐに治療を開始しません。お話したり、治療器具を触ってもらうなどしながら、心理的な壁を取り除く配慮を行ないます。

② お子さま目線の治療説明

お子さま目線の治療説明

当院では、親御さまだけでなく、お子さまにも治療の説明をさせていただきます。もちろんわかりやすくイメージできるようなものを心がけます。こうすることで、なぜ歯の治療が必要なのか、治療することでどうなるのかなどを感じ取ることができ、歯磨きの意識なども高まります。

③ 親御さん同席での治療

親御さん同席での治療

お子さまの治療の際、親御さまにも同席してもらうように心がけています。これは、お子さまの安心感と保護者の立場での治療確認、そしてご家庭でのホームケアへの意識付けなどに繋げてもらうためです。家族全体で、歯の健康意識が高まると、そのお子さまの将来的なお口環境にも大きなプラス効果が生まれます。

④ 顎の発育面のご提案(咬合誘導)

顎の発育面のご提案

咬合誘導(こうごうゆうどう)とは、お子さまの顎骨の成長を適切に誘導していくものです。顎骨が適切に発達すれば、お口の中も適度に広がり、歯並びも整います。お子さまの歯は常に成長を続けていますので、今歯並びが良くても後に乱れてしまうこともあります。このため、状況に合わせて咬合誘導もオススメしています。

小児矯正では、歯並びの視点に加え、呼吸も意識しましょう!

呼吸も意識

埼玉県八潮市でお子さまの矯正治療をお考えの方は、この内容を丁寧にお読みいただければと思います。一見、歯並びの矯正は、歯の並びだけに注意が向けられますが、実は呼吸とも大きな繋がりがあります。お選びになる矯正治療によっては、呼吸面の改善を含めた治療ができ、アレルギーや喘息、鼻炎、また多動的傾向(集中力不足)を改善できる場合があります。

顎骨の位置ズレや小ささによって、呼吸が不十分に…

精密レントゲン近年の食の欧米化の影響は、お子さまの顎の発育にも見られ、顎骨が小さかったり位置がズレているお子さまが増えています。上顎の不十分な発育やズレは、鼻の中の空気の通り道、鼻腔を狭めてしまうため、呼吸をしづらくさせてしまいます。

下顎の場合については、歯の並ぶ空間がうまく確保できず、歯並びが乱れてしまいます。同時に、舌が喉側へと押しやられてしまい、気道を狭めてしまうという影響もあります。

ここから、口呼吸が常態化してしまい、発育面、体質面、情緒面の悪影響を生んでしまいます。

不十分な呼吸がもたらす悪影響

精密レントゲン脳は成長のために酸素を必要としています。寝ている時に脳は酸素の供給を受けますが、この時に十分に酸素が行き届かないと、脳の発育も不十分なものとなり、学力低下がもたらされてしまいます。

起きて生活している時にも、口呼吸が常態化してしまうと悪い姿勢になりやすく、情緒面で不安定な傾向が生まれ、鼻炎やアレルギー、中耳炎、免疫力での悪影響も出てしまいます。

このように、呼吸はそのお子さまの人生をも左右する非常に重要なものです。

顎骨から呼吸面、そして歯並びの改善へ

お子さまの顎の大きさや位置取りが適切に確保されると、呼吸は十分なものとなり、脳はあるべき成長を遂げ、そのお子さまの持つべき本来の能力が獲得されます。

また。顎の発育は舌の位置取りを適切な場所へと向かわせますので、口腔周囲筋がうまく発達し、顎関節も可動域が広がります。結果、歯並びも整い、姿勢も正しくなります。

このようなことから、顎骨の発育や呼吸面を意識することは、お子さまの矯正治療を考える時、非常に重要なポイントとなります。

Bivi歯科式 「コンビネーション小児矯正治療法」

コンビネーション小児矯正治療法

当院では、「ワイヤー」と「拡大床」の両方を取り入れた「コンビネーション矯正」を小児矯正の基本としています。その理由は、ワイヤーのみで矯正を行なうと、歯磨きのしにくさから虫歯になるリスクが高まるためです。また、拡大床のみの矯正治療では、費用が高額になってしまうほか、顎骨の幅調整に強くアプローチするために、お子さま自身への身体的負担も過度に生じてしまうからです。

よって、当院では、双方のデメリットを補い合いながら、お子さま自身の身体的な側面、親御さん側の費用的な側面でも緩やかなものを意識し、その中でも十分な矯正が実現できるコンビネーション矯正を取り入れています。

拡大床矯正装置

拡大床矯正装置

取り外せる矯正装置です。歯磨きなどの際に制限を受けませんので、快適な矯正となります。

ワイヤー

ワイヤー

歯の表面にワイヤーをかけるものです。歯にかかる力が調節され、顎骨の成長が誘導されます。

マウスピース(ムーシールド)

マウスピース

就寝時にお付けいただくものです。受け口の改善などに利用される場合が多いものです。

小児矯正の治療例

コンビネーション小児矯正治療法5歳の女の子で、受け口の矯正治療を行なった症例です。

その他の小児矯正治療例を見る

BiVi歯科式 「精密・小児矯正診断」

精密・小児矯正診断

小児矯正では、矯正治療を実施する以前に、そのお子さまのお口環境をどう捉えるか、つまりその事前診断が非常に重要なものとなってきます。当院では、他院では行なわれていない次のような精密な小児矯正診断を実施しています。

矯正治療専用の精密レントゲン「セファロ」

精密レントゲン当院では、「セファロ」と呼ばれる矯正治療専用のレントゲンを使用していますので、歯と顎と顔全体のバランスを同年代の平均的なものと厳密に比較分析することができます。

顎骨全体を正確に診断するのに非常に有効です。

日本顎咬合学会「噛み合わせ認定医」が診断

噛み合わせ認定医小児矯正では、歯並びを調整していく際に、顎骨の位置やサイズ、呼吸のほかにも、噛み合わせの観点も重要なものとなってきます。

当院では、日本顎咬合学会の「噛み合わせ認定医」が、小児矯正の診断を行ないますので、安心してお任せいただけます。

BiVi歯科クリニックは、妊娠中・妊娠予定の女性を全力サポートします!

現在、妊娠されている方、また今後妊娠されるご予定のある方は、ぜひ一度、BiVi歯科クリニックをご受診ください。妊娠中のママが歯周病を患っていると、歯周病菌が血中を巡り、お子さまへの影響(全身疾患や低体重児出産リスク)があります。

歯周病は、もともと日本人の約80%の方が患っている自覚されにくい病で、意識されないまま胎児へ悪影響が出てしまう可能性があります。

また、妊娠中は麻酔治療が危険ですので、なるべく妊娠前にお口環境を整えておくことが大切です。当院では、お口環境から始める妊娠準備を推奨し、妊婦さんへの栄養アドバイスなども行なっています。ぜひお気軽にご相談ください。

埼玉県八潮市で小児歯科、小児矯正歯科をお探しの方へ

小児歯科、小児矯正歯科をお探しの方

BiVi歯科クリニックでは、ご覧のようにお子さまの将来的なお口環境をも意識した治療や施術を行なっています。特に小さいお子さまであればあるほど、歯医者さんに怖いイメージができてしまうと、その後の生涯に渡りあまり良い影響がありません。お子さまの虫歯治療や矯正治療をお考えの場合は、ぜひ当院へ足をお運びください。

トップへ戻る