マイクロスコープによるインプラント手術|埼玉県八潮駅から1番近い歯医者 BiVi歯科

日本臨床歯周病学会 認定医

インビザラインドクター認定医

日本顎咬合学会 認定医

国際インプラント学会 認定医

抜歯・矯正無料お相談

埼玉県八潮市大字大瀬710-1 BiVi八潮3F 八潮駅南口30秒

お問い合わせ・ご相談

048-951-1482

※お電話による受付は午前は12:45、午後は17:45までとなっております(以降留守番電話になります)

歯科矯正

歯を抜かない治療

マイクロスコープによるインプラント手術

投稿日:2017年5月24日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。院長の武川です。

本日も無事に診療が終わりました。スタッフ及び患者様にご協力頂き感謝致します。

さて本日は午後にインプラントOPEがありました。

当院では「歯の保存治療」に特化しており、昔(マイクロスコープを使用していない時代)に比べインプラント治療は最近少なくなってきています。非常に良い傾向だと思います。

本日のOPE、Kさんは約3年前からその歯を大切に衛生士と私とメンテナンスしてきました。ただ病巣が大きく膿も止まらずあえなく抜歯になったのです。

感染が大きい歯を無理やり残す事は難しくはありません、ただ骨は確実になくなっていきます。

そのバランスを診断しこの度、骨を守る為抜歯しインプラントになりました。

インプラント自体は15分程で終了しました。マイクロスコープで行う事により丁寧な埋入ができます。そして残りの時間でその奥にある歯のデブライドメント(歯周病治療)を行いました。マイクロスコープがあるからこの時間で2つの事が確実に行えました。インプラントも設計通りの手術になりました。

Kさん、また一緒に予防して守っていきますね。今日はゆっくり休んで下さい。OPEは当院の個室で行いました。

今日は疲れたので早くかえりま~す。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る