本日のマイクロスコープ治療(矯正治療、マイクロエンド、精密根管治療編)|埼玉県八潮駅から1番近い歯医者 BiVi歯科

日本臨床歯周病学会 認定医

インビザラインドクター認定医

日本顎咬合学会 認定医

国際インプラント学会 認定医

抜歯・矯正無料お相談

埼玉県八潮市大字大瀬710-1 BiVi八潮3F 八潮駅南口30秒

お問い合わせ・ご相談

048-951-1482

歯科矯正

歯を抜かない治療

本日のマイクロスコープ治療(矯正治療、マイクロエンド、精密根管治療編)

投稿日:2017年11月29日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは。院長の武川です。今日も精密かつ丁寧な治療を行う為マイクロスコープ下ですべての治療を行いました。本日の御紹介は根管治療と矯正治療です。

根管治療

この患者様は他院で左下の治療を受けました。

他院にて初診の受付を終わると少し説明を受けすぐ削りましょうと椅子を倒したそうです。問題はその治療中に感じた事のない痛みに襲われたそうです。それが不安すぎて当院にいらっしゃいました。他院ではすぐに削りましょうと削り始めたそうです。この患者様も当院にいらっしゃっている患者様も当院のシステムをご理解頂いていると思いますが私なら初診で削りません。まずこの状態で本人がさほど困っていないのに削ってしまう行為はいかがでしょうか?

理由は単純です。隣に親知らずもあり治療の順番や重症度判定、その後の治療プランも多数考えられるケースでした。そんな状態で人様の歯を削れない。そして何よりもすぐ削るという事は虫歯の重症度が分かっていないので麻酔の量も適当になります。神経は一度閾値があがってしまうと麻酔は効きずらくなるので最悪です。負の連鎖です。皆さまそんな経験ありませんか?

「痛かったら手を挙げてください」

「手を挙げる」

「麻酔足す」

「まだ痛い」

「我慢して下さい」

「地獄」

のような感じです。

それが嫌なので当院ではしっかり診断(歯科ドック)を行い重症度や考えられる治療オプションなどありとあらゆる可能性を考え患者様と共有します。歯科ドックからこの患者様には実は親知らずの移植の選択肢もありました。しかし私は口腔外科を専門としておりません。なので先日私の信頼する口腔外科医の診察を受けて頂きました。すると「難しい」と診断を受けました。患者様は治療の選択肢を納得され今日のマイクロスコープ下保存的根管治療を選択されたのです。この工程がいかに大切かわかると思います。そして当院初診から2ヶ月経って当院は歯を削ります。では見てみましょう。

重症度判定は済んでいますので適切な量の麻酔をマイクロスコープ下で行いラバーダム。他院で行われた仮蓋を外すと

 

多量の感染源が。。感染が取り切れていない。汗

上部形成とストレートラインアクセス

丁寧に感染源をとります。無痛で患者様に喜んで頂けています。

術前右 術後左

お薬をいれて今日は終了です。次回で終われそうです!抜かずに済みますよと声をかけさせて頂きました。

矯正治療

ガタガタが強く2番が口蓋側転位をしています。3番の遠心移動が終わり今日から2番を出します。

デーモンシステム。マイクロでブラケットを正確に。

極細ワイヤーで痛みなし。

このように当院ではすべての治療に診査・診断に重きを置き無痛で安心の根管治療を行っております。

埼玉、八潮、松戸、流山で無痛治療はBiVi歯科クリニックまで。

 

 

トップへ戻る